中山記念2019 展望

   

今回は中山記念2019の有力馬の見解を中心とした記事です。

投資競馬の長ちんです。
先週のフェブラリーSはホント悔しい一戦となりました。

9人気△モーニン…
頼むから3着こいよ(-_-)

先週は何かと4着に泣いた1週になってしまいました…。

インティに関しての付き合い方は正解だったと思います。
ペースが予想に反して落ち着き、
インティのお膳立てするような展開になりましたが、
予想はピンかパーとの見立てで、
オッズも含めてパ~を選択したのですが、
ピンのほうでしたね(^^;

それより藤田菜々子ちゃんコパノですが、
鞍上込みで消し評価でしたが、良いレースでした。
思ってたより上手ですね。

コパノキッキングに乗り続ける限り、
彼女が重賞を勝つ日も遠くないと思います。

今回は、G1級のメンバーが揃った
中山記念の展望をしていこうと思います。

それでは早速どうぞ~。

中山記念の傾向

・逃げ先行に妙味アリ
・G2の格に見合う馬
・昨年は開幕週でも荒れ馬場だった

いよいよ春G1の前哨戦の季節ですね。
今年はG1馬が多く、非常にハイレベルな1戦となります。

このレースは逃げ先行に妙味のあるレースで、
特に逃げ馬は複勝率が50%、回収率210%と異常事態。

思い起こせば、
2018 マルターズアポジー3着
2017 ロゴタイプ3着

と直近でも人気薄の激走が目立ちますね。
若干荒れ馬場ですが、開幕週の前残りは特注です。

ローテ的には、
前走G1 or 中山金杯連対
が好成績。

というより、ハイレベルな1戦なので、
G2の格に足りる馬なのか、
という視点で見ることも重要。

そのあたりを踏まえて、早速人気馬の短評に入りましょう。

有力各馬の短評

ディアドラ(3.0)
【ルメール】

次走ドバイに向けての叩き台の1戦。
次走はルメールがアーモンドアイに乗るので、
モレイラ様に乗替り予定とか。
外人アルアルで、乗替り前に追切も自分が乗ってビッシリやって、
出し切ることもありますからね。
特にデムーロの場合w
今回ルメールですが、正直斤量の54キロは反則ですね。
休み明けも、NFしがらきでしっかりやってきて、
中間も時計出てますから。
あとは前が残る馬場を追い込んで届くのか、その点だけ。

エポカドーロ(4.2)
【戸崎】

前走菊花賞は距離もあって番手の競馬でしたが、
この距離なら強気に出していくかと。
今回は恐らくコイツがハナでしょう。
あとは状態面ですね。
昨秋神戸新聞杯でコケて、菊花賞と連続で凡走。
少しメンタル面が心配ではあります。
加えて藤原厩舎ですからね。
前哨戦から作ってくるだろうか、
本番G1メイチのような気も…。

ステルヴィオ(4.3)
【丸山】

今回なんだかんだで無難なのはコイツでしょうか。
2000未満は(4.3.0.0)とパーフェクトですし、
中山1800もスプリングSでエポカドーロを破ってます。
あとは鞍上か。
これまで全レースで外人が乗ってきましたが、
ここにきて「丸山」か。
北村友といい、丸山といい、
最近ノーザンFは若手騎手の起用が目立ちますね。
それでいて結果をしっかり残せてます。
騎手の割引も不要でしょう。

スワーヴリチャード(4.4)
【Mデムーロ】

なんで金鯱賞使わないんでしょうか。
右回りより左回りでしょう。
軸にすることはないかな。

ウインブライト(5.1)
【松岡】

この馬は面白いですね。
昨年も勝ってるように、中山は常に走ります。
調べてみたら、中山1800は3戦3勝です。
今回、ディアドラにマークが向くでしょうから、
楽な展開で、前目からエポカドーロ目標に
レースもしやすそう。
G1では足りないので、ここで勝負したいところでしょう。
文句なしで買いですね。

それじゃ展望をまとめます。

展望まとめ

一通り展望してきましたが…

ディアドラとの付き合い方次第

そんな予想になってきそうですね。

ディアドラに関しての取り扱いが難しい。
開幕週で、元々追い込みは
決まりにくいレースですからね。
ただ中間の追切は文句ないデキにあります。

そのあたりを悩むことになりそう。

それじゃ今週は長ちんが
上記の中でも一番高評価の「絶対に買い!」
って馬を1頭紹介させて頂きます。

⇒中山金杯はコイツを狙え!


投資競馬ランキング

↑ブログランキングにて馬名を発表してます。

今週は上位人気と下位人気の力差が結構ありますから、
極端な波乱はないでしょう。

となれば、堅い軸から少点数で仕留めるのみ。

最終追い・枠順まで確認して最終ジャッジしますが、
現時点で最も本命に近い馬だと言えます。

それじゃ今週も投資競馬の長ちんにご期待あれ!
ばいちゃ(#^^#)

 - 展望