アメリカジョッキーC2018 展望

   

今回はアメリカジョッキーC2018の有力馬の見解を中心とした記事です。

投資競馬の長ちんです。
先週の愛知杯は…やらかしちゃいましたねー(;^ω^)
事前予想のまま行けば普通に◎エテルナミノルから3複万券獲れてたのですが、パドック推奨2頭から入り直し…

まさかの推奨馬が4、5着ww
(金杯WEEKも同じようなことがあったな…w)

3着のマキシマムドパリが頑張りすぎなきゃ3複4万馬券ですからね(-"-)
ただパドック重視予想もどこかで修正すべきかも…

さぁ今週は長ちんにとってのワクワクWEEKとなります。
何がワクワクって…?
早い段階で新年1発目の初釣りを予定してましたが、例の寒波でシケ、シケ、シケ…
ようやく今週は釣りに行けそうな天候なので、平日サボって初釣りに行く予定です(^^)/

イレコミ過ぎて初競馬の万馬券で磯竿も新調しましたし。

DSC_0068

くぅ~何度見てもカッコいい~♡

釣り師にとって、新竿だけ手元にあって、釣りに行けない事ほど辛いことはありまへん(-"-)

ただ…今、下の子がインフルエンザに罹患してまして…
一家インフル罹患なんてことになると、それどころじゃないんですけどね(;^ω^)

それじゃ早速、AJCを過去傾向から探っていきましょう。

過去の傾向【参考】

まずは過去の傾向から。

・ペースが速くなりがち、スタミナ重視
・G1のペースで勝負できた馬は流れ合う◎
・リピーター◎
・冬馬◎
・非根幹距離実績
・明け4歳馬優勢

昨年はシングウィズジョイの予後不良があった悲しいレースでしたね。

基本的にはラップが前掛かりになり、厳しいレース内容になることが多く、スタミナに優れた馬が台頭しがちなイメージがあります。

今年は昨夏の宝塚記念以来のゴールドアクターが出ますので、状態面が良ければ、ドンと来い…というレースでしょう。

また中山2200という非根幹の特殊距離なので、2200実績がある馬は評価を上げるべきです。

それじゃ有力各馬の短評をどうぞ(^^♪

有力各馬の短評

ゴールドアクター(2.9)

前走宝塚記念2着後に、疲労が抜けず秋は全休。
長期休養明けの1戦は武豊を鞍上に迎え、再起を目指す1戦ですが…。
どうにも1週前追いの動きが重い。
調教師は「これで変わってくるはず」と言ってますが、どうでしょう。
長ちんが見る限り、まだ態勢が整ってないように見えますが…。
態勢さえ整えば当然一枚上の存在。

ミッキースワロー(2.9)

同じ中山2200のセントライト記念でアルアインを破り、ゴールドアクターと同じ人気とは…なかなか見込まれてますね。
ただ中山2200を2戦2勝とコース適性の高さは証明済なので、あとは菊花賞以来の1戦をどう評価するかだけですね。
普通に買いでしょう。

ダンビュライト(3.1)

この馬はスピードが足りずスタミナで勝負するタイプなので、レース内容的には合うと思います。
ただ決め手に劣るので、来るとしても2~3着でしょう。
絶好調デムーロがどう乗ってくるのか、見物です。

レジェンドセラー(7.6)

連勝の勢いと鞍上ルメール人気もあって、若干過剰人気のよう。
先述のとおり、締まったレース展開になることが多く、そのへんがどうなんでしょう。
前走が過去最高馬体重の532キロで、充実期であり、軽視すると痛い目に遭いそうな気もしますが…
もう少し考えてみます。

ブラックバゴ(9.7)

金杯から中1週で出してくるということは、よほど体調が良いのかも。
前走は追い込み届かずの4着でしたが、今回も同じような結果になるんじゃないかな。
アテにし辛いタイプで、ヒモに押さえておけば良いかと。

それじゃ展望をまとめます。

展望まとめ

今週は、オッズ自体は3強の様相ですが、恐らく人気2頭のどちらかを軸にすることになると思います。

ただ下位勢はそんなに力差がないようにも見えますので、一波乱あるかも…(;^ω^)

それでは穴馬を1頭ご紹介しておきましょう。
例のごとくランキングに挙げておきます。

コイツ↓は特注!
投資競馬ランキング

↑長く更新サボってめちゃ下位になってますが、ボチボチ上がってくると思いますw

非根幹距離の中山1800実績がありますし、大幅に格落ちするメンバーですので、一変に注意ですね。

それじゃ今週も投資競馬の長ちんにご期待あれ!

ばいちゃ(#^^#)

※最終予想についてはメルマガ会員限定とさせて頂いております。
詳細は ⇒コチラ をcheck!

※PR※
長ちんの予想じゃなくて、無料で簡単にプロの予想を見たいって…?w
そんな欲張りなアナタにはコチラ↓

>>うまコラボで無料予想をGET!!

※メールアドレス(フリメ可)だけで登録可能です。

 - ブログ