オールカマー2018 展望

   

今回はオールカマー2018の有力馬の見解を中心とした記事です。

投資競馬の長ちんです。
先週は本業がバタついて展望記事出せずに申し訳ありません。

先々週は3重賞全的中、先週はセントライト記念で的中しましたが、堅めのレースが続いてますね(;^ω^)

「軸馬と対抗が3着内見えてて、あとはヒモ荒れろ!!」
恐らく皆さんそんな気持ちでラスト1ハロン見てたと思いますが、
「あ…また安目やんw」

あの残念な気持ちったらねw

まぁ引き続き当て続ければ、そのうちまた万券獲れますので、焦らずノンビリいきましょう(^^)/

それにしても、ここ最近予想が冴えてます。
今期に入って、血統のバイアスを少し重視してみているのですが、それがうまく結果に繋がってるんでしょう。

今週も乞うご期待(^^♪

それじゃ古馬一線級が揃うオールカマーの展望をどうぞ~(^^♪

オールカマーの傾向

とりあえず過去傾向を列記します。

・牝馬・リピーターに注意!
・非根幹距離1800・2200実績馬
・コース形態はスローになりやすい
・先行馬の穴馬に注意

中山2200というコースは、テンに上り坂を迎えるため、傾向としてはスローになりがちなコース。
昨年はモロにそれが影響して超スローになりましたね。

そうなるとスローのキレ味勝負になりがちで、まさに牝馬の軽いキレが生きる流れになってきます。

また2200という非根幹距離の重賞は、
「1800と2200だけは走る!」
そんなリピーターが生まれやすい条件になります。

昨年のルージュバックが良い例で、全6勝のうち、1800と2200で5勝ですからねw
1800実績のある馬で、今回距離が持つか…なんて馬は、普通にこなせると考えて良いです。
距離不安よりも非根幹距離の適性のほうが上回りますから。

また、スロー傾向のレースなので、当然先行馬の前残りには注意です。
前目の穴馬には警戒しておきましょう。

それでは、いつもの如く有力各馬の短評をどうぞ(^^♪

有力各馬の短評

レイデオロ(2.0)

1週前追いは、正直微妙な動きでしたが、ここでは地力が違いますからね。
前走のドバイは超スローで引っかかって本領発揮とはいきませんでしたが、力は示した内容です。
ただ2200という距離が合うかと言われれば、そうではないと思います。
京都記念2200でクリンチャーに完敗したように、非根幹距離は根幹距離で足りない馬が適性だけでグンと力を上げることがありますから。
そういう意味では取りこぼしはあると思います。

アルアイン(3.0)

レイデオロと同じく4歳世代の中距離を代表する1頭。
コチラも皐月賞を勝ったように中山適性は申し分なく、今回と同舞台のセントライト記念での好走もあり、コース適性ではレイデオロより上の存在。
レイデオロがパワー系差し馬なら、コチラはスピード特化型先行馬で、今週の馬場次第か。

ダンビュライト(4.1)

上記2頭との比較では明らかに落ちます。
ただし、年明けのAJCCを勝ってるように、舞台適性は抜群。
ワンパンチ足りないスタミナ馬なので、雨や展開の後押しがあれば。

ガンコ(6.5)

率直に2200は短いと思います。
以上w

エアアンセム(17.9)

この馬も明らかに劣りますね。
このレースは夏場使った馬はあまり良くない傾向があり、フレッシュな人気馬に比べると…
まぁヒモまででしょう。

それじゃ展望をまとめます。

展望まとめ

一通り展望してきましたが…

堅いぞ。たぶんw

ただ、こんな時は得てして、無欲の着狙い馬が穴で突っ込んできたりしますからね。

 

というわけで、注目の穴馬を1頭ご紹介しておきますね。

例の如くブログランキングにてご紹介します。

⇒注目の穴馬はコイツ!


投資競馬ランキング

↑ブログランキングにて馬名を発表してます。
(先週サボってたのでランクめっちゃ落ちてます…)

まぁ一線級に比べて劣るのは確実なので、4~5着狙いが上手くハマれば…という印象です。

過去にこの条件の重賞で好走歴がありますので、コース適性は確実にありますよ。
長い低迷期を抜けた可能性がありますので、注意が必要です。

出走馬のレベルに開きがある場合、ガチンコで勝ち負けを狙う馬より、案外そんな無欲な馬が3着に突っ込んできて穴を開ける例は多いものですから。

ヒモ穴として注意しておきましょう!

それじゃ今週も投資競馬の長ちんにご期待あれ!

ばいちゃ(#^^#)

PS:最終予想については、勝ち組メンバーにのみ公開となります。
勝ち組メンバーについては、↓を参照下さい。

⇒勝ち組メンバー募集記事

http://keibacollege.net/katigumi9-10-2

 - 展望