有馬記念2018 展望

   

今回は有馬記念2018の有力馬の見解を中心とした記事です。

投資競馬の長ちんです。

いや~先週は少差に泣かされた1週となってしまいました( 一一)

平場も3単を狙ってみたのですが、惜しい!!ってレースばかりで…。。

さすがに消化不良のまま2018年を終えるわけにもいきません!

今週はバチっと決めて、2018年の競馬を締めくくりたいと思います(^^♪

今年の有馬記念ですが、なんといっても障害最強馬のオジュウチョウサンの存在ですね。
さすがに荷が重いだろうと思いますが、JRA的には売上もしっかり立てたいところですし、
まさかの『1枠オジュウチョウサン』なんてこともあるんじゃないですか?w

基本障害レースって走らない馬の寄せ集め的なところがありますが、
ロマンがあって良いと思いますね。

『下積みを寡黙にこなし、高齢にしてようやく有馬記念に出走』

自分と重ねる競馬ファンも多いことでしょう。
是非とも無事に完走して欲しいところです(^^♪

では、早速有馬記念の展望に入りましょう。

有馬記念の傾向

・内枠がゴリゴリ有利!
・ペースも遅めになりがち。
・先行脚質◎

・外枠は大きく割引×

まぁこのレースは毎年お馴染みの『内枠ゴリゴリ有利』だけ頭に入れておくと良いレース。

1~3枠の好走率が異常に高く、とにかくロスのない内枠の好走が目立ちます。
昨年も伏兵でクイーンズリングが2枠から8人気で②着しましたね。
枠順がモノを言うレース。

また脚質的には、『先行脚質』の回収率の高さも目立ちます。

というより、スタートしてすぐにポジションをとれなかった段階で、勝ちはない…そんなレースでもあります。

今年もグランプリにふさわしい骨っぽい好メンバーが集まりましたので、早速人気馬の短評に入りましょう。

有力各馬の短評

レイデオロ(2.3)
【ルメール】

JCはノーザンFの使い分けで、アーモンドアイに譲った格好となった当馬。
まぁここは当然の主役級。
脚質に自在度もあり、鞍上も恐らくスッと前につけて、有馬記念の勝ち方を知ってますからね。
ただ全馬の目標は今回この馬になるはず。
その意味では、道中厳しい展開も予想されますね。

キセキ(4.0)
【川田】

この秋、ひと皮剥けましたね。
この馬は下河辺牧場の生産で、非ノーザンF系ってこともあり、まさか立て直しが効くとは…思ってもみませんでした。
ただし、レイデオロが一息入れての秋3走目に対し、この馬は厳しい競馬が続いた秋4戦目。
ソロソロデキをキープするのもしんどくなってくる頃合。
地力は認めますが、少し危険な気もします。

シュヴァルグラン(8.2)
【ボウマン】

前走JCは、▲を打って、ワイドの相手に狙ってみましたが、4着。
当然長距離戦は滅法強い馬で、ここでも台頭の余地はあるでしょう。
ただ、実はこの馬、叩き2戦目にグンと状態を上げる馬で、3戦目は微妙。
これまで凡走した宝塚記念2回、2016有馬記念はいずれも叩き3戦目。
衰えも見え隠れする中、人気で買うのはどうだろう。。

モズカッチャン(8.8)
【Mデムーロ】

これはアルと思います。
まず第一に、近年の有馬記念はスローになる傾向が強く、ゴリゴリの馬力勝負になり辛い。
理由は、超高額条件になり、入着でも十分な賞金が貰えるからでしょう。
下手に1着狙って凡走するより、4~5着を狙って賞金稼ぎ、なんて陣営も多いかと。
実はエリ女の1着賞金1憶500万円に対し、有馬記念は2着でも1億2000万円ですからね。
ようはエリ女よりも有馬メイチの予定だった可能性すらあるということ。
ここにきて復調のデム様がなんとも不気味。

ブラストワンピース(11.4)
【池添】

あ…恐らくいらんと思います。
いまやG1で池添の信頼はガタ落ちです。
事実ここ1年以上、G1で馬券になってませんから、池添はん。
内枠を引くようなら、マークする程度か。

それじゃ展望をまとめます。

展望まとめ

一通り展望してきましたが、今年の有馬記念…

一波乱あると思いますよ!

とだけ申し上げておきましょう。

実は今年の有馬で秋口から狙うと決めてた馬は、ここに上げた上位人気5頭に含まれておりませんw

今年最後の予想になるので、人気ランキングに上げておきましょう。

⇒有馬記念はコイツに特注!


投資競馬ランキング

↑ブログランキングにて馬名を発表してます。

ちょうど忘れた頃の実績馬ですよ!
タイプ的にも、東京で走る馬には見えませんし、それでも前走チカラのあるところは見せてます。

とにかく内枠に入って欲しい所ですよ!
内枠に入るようなら、必ず上位の印を回す予定です(^^♪

それじゃ今週も投資競馬の長ちんにご期待あれ!
ばいちゃ(#^^#)

 - 展望