アルゼンチン共和国杯2019 攻略データ

   

競馬カレッジ長ちんです。

今週は…

勝ち組メンバーの募集も
行わせて頂きましたが、

本業のデカイプロジェクトの
動きだしもあって、
ちょっとドタバタ…
結局金曜になっちゃいましたm(__)m

ちょっと急ぎアルゼンチン共和国杯の攻略データだけでも。

それじゃ、早速どうぞ(^^♪

【PR】

【驚異的!月間勝率98.8%】最先端の投資競馬「1点予想システム」のメール講座(無料)

レースの傾向

▲前走が芝2200~2400mの条件戦で1~3着

→[4・3・3・10]
1000万下からの格上挑戦の好走例も含む。
52.0~56.0キロで万遍なく好走例があります。

 

▲中9週以内かつ前走一桁着順の4歳馬

→[7・4・3・17]
↑上の条件と重なればさらに信頼度アップ。

 

○友道康夫厩舎

→[1・1・1・3]
16年は3頭出しで1・3着。11年前に1着。
池江泰寿厩舎も2勝と本レース好相性!

現時点で、アイスBとポポカテPの
2頭が登録されてますね(^-^)/

 

?ディープインパクト産駒

→[0・1・0・8]
一昨年の2着馬は条件戦からの好走パターン。
ステイゴールド産駒[1・1・0・11]も不振傾向。

 

?前走が京都大賞典

→過去10年で[0・2・1・31]
馬券内3頭は前走3~5着馬。
前走が京都大賞典2着[0・0・0・3]は人気でも×。

 

昨年のレースはどうだった?

五分のスタートで、道中も中団馬群の外目で折り合いを重視。
3~4 角でも前が動かず、徐々に外から差を詰めて直線。
序盤で中団列から楽な手ごたえ、追い出されてからラスト2ハロンで
徐々に伸びて2列目、ラスト1ハロンまでしぶとく伸びて
パフォーマプロミスがしっかりと勝ち切った。

 

3番人気以内

1番人気[3・2・0・5] 勝率30% 複勝率50%
2番人気[3・1・0・6] 勝率30% 複勝率40%
3番人気[2・1・5・2] 勝率20% 複勝率80%
3番人気以内に推された馬は堅実で過去5年を見ても3番人気以内から
必ず2頭は馬券に絡んでいます!
アフRG、ルックTW、アイスB軸はこの辺りからですかね~(^-^)/

 

前走上がり3F

1~3位 [5・4・7・32]
4~5位 [2・5・0・31]
6位以下 [3・1・3・72]
前走でも早い上がりを使っていた馬が若干優勢。
また、前走東京コースだった馬は上がり3位以内が[4・3・5・11]に対して
4位以下は[0・0・1・24]なので前走東京で上がり下位だった馬は割引です。
前走東京で上がり3位以内はアフRG、ムイトOR、ルックTWの3頭。

 

キャリア15戦以下+4番人気以内の成績抜群

10戦以下[3・0・3・1]
11~15戦[5・3・4・12]
16戦以上[2・7・3・123]キャリアも浅い方が成績がよく、2014年以降は
毎年キャリア20戦以下から2頭馬券に絡んでいます。
昨年のパフォーマプロミスは6歳馬でしたがキャリア15戦以下でした。
4番人気以内に絞ると[8・3・4・4]と非常に堅実!

 

それじゃ最後に、

アルゼンチン共和国杯の特注馬を1頭ご紹介!

 

【アルゼンチン共和国杯 激走注意報】
⇒ブログランキングで公表中

コイツに激走注意報を発令しときます!

前走東京馬場を正攻法で押し切った面を評価。

まさか合うとは思ってませんでしたがw

となると当然ここでも。

枠もよく、今の馬場なら、狙い目でしょう。

 

では、週末の記事をお楽しみに(^^♪

【PR】

【驚異的!月間勝率98.8%】最先端の投資競馬「1点予想システム」のメール講座(無料)

 

※無料メルマガ始めました!
週末平場のAI予想出してます。
詳しくは↓↓

⇒無料メルマガはコチラから

 - データまとめ記事