アルゼンチン共和国杯2017 展望

   

投資競馬の長ちんです。

いや~天皇賞の武豊キタサンブラックには痺れましたね~(*'▽')
本命はサトノクラウンだったので、スタートしてすぐに
「キタサン飛んだ~もらった~!」
と思ったのも束の間…w

武豊は落ち着いて内からスルスル…
(俺の読みはキタサンじゃなくて別馬の内からスルスルだったけど…w)

あれだけヤバい状況から冷静にインを突く武豊のメンタル。
馬券はスカしましたが、久々に鳥肌が立つようなレースを見られて、清々しい負けでした(^^♪

それでは、週末のアルゼンチン共和国杯の展望をどうぞ~!(^^)!

過去の傾向【参考】

あくまで参考に過去の傾向を出しておきます。

・1~4人気が好走し、堅い傾向
・NF系の有力馬から素直に
・オクトーバーS組、複勝率40%
・3~4歳がメイン
・スローの上がり3F勝負

基本的にこの時期の東京は外差し馬場になってきます。
先週ドロドロの開催でしたし、今年もその傾向は続くかと。
ノーザンF系の有力馬と穴馬との仕上り、能力差が毎年大きく、堅い傾向。

それじゃ有力各馬の短評をどうぞ(^^♪

有力各馬の短評

スワーヴリチャード(2.3)

ほ~こっちが1人気予想なんですね。
てっきりアルバートかと思ってましたが…。
右回りだと手前を替えるのが下手な馬で、左回り適性が高く、東京は(1.2.0.0)と連対率100%
しっかり早い上がりも使えますしね。
距離もダービーで好走してるくらいなので、特に問題はないでしょう。
あとはレベルの問題。
今年の3歳は古馬相手に苦戦してるからな~。

アルバート(2.9)

昨年57キロでシュヴァルGの2着としてますが、今回は58.5キロ。
過去最高の斤量となるため、そのあたりで削がれないか…というオッズでしょう。
鞍上は前回ヘグった石橋脩…w
堀厩舎の勝負レースは大抵外人確保してくるのに…珍しいな。
まぁそれでも長距離戦で安定した脚使えますからね。

セダブリランテス(6.3)

これまで3戦3勝の3歳馬。
333なので、パチンコなら確変ですよw
立写真見ましたが、毛艶良くしっかりデキてますが、肝心の距離がどうか。
胴がやや詰まった体形で、2500は少し長いとみます。
ベストは1600~2000ってとこでしょう。
スローからの上がり勝負ならこなせないことはないと言いたいところですが、陣営もこれまで1800しか使ってきてないところを見ると…様子見か。

プレストウィック(7.4)

えっルメールこいつに乗るの?
確かにシルクの馬ですが、武藤厩舎の馬でっせ。
これまでG3を3勝しかしてない厩舎ですし、調整力はかなり疑問。
スタミナは認めますが、早い上がりを問われると更に…

特注馬は…
人気ブログランキングへ

高齢馬の部類になってはきますが、近走もさほど負けてません。
社台系の馬ですし、名門厩舎。
ついでに早い上がりも使える。
年齢的なこと、ローテからみてもメイチ感はある。
2年前に同コースの重賞実績もある馬です。
普通に買いでしょう。

それじゃ展望をまとめます。

展望まとめ

基本はスワーヴリチャードとアルバートの2択で良いかな~と思ってます。

それ以外では、コイツを穴として注目してますね。
投資競馬ランキング

これに挙げた馬を相手に美味しい馬券を狙う手もアリでしょう。
ただ、現時点ではさほど荒れないと踏んでますので、無理に万券を狙うことは避けようと考えてます。

それじゃ今週もG1ハンター長ちんにご期待あれ!

ばいちゃ(#^^#)

◆ブログランキングは新規で登録したばかりで、反映に時間かかるみたいなので、ボチボチ覗いてみて下さい<(_ _)>

ロゴ - コピー

↑の画像を目印にランキングを探してみて下さいね(^^♪

 

※最終予想についてはメルマガ会員限定とさせて頂いております。
詳細は ⇒コチラ をcheck!

 - 展望