朝日杯2017 追切チェック

   

今回は朝日杯2017の追切後の見解を中心とした記事です。

今週は本業も落ち着いて少し時間ができたので、追切記事をまとめます。

2歳戦は状態が大事なレースですので、パドックで確認する前に追切の動きを見ておくのは重要な作業。

無題

注目のダノンプレミアム、タワーオブロンドンの状態も含め、有力馬の追切チェック、早速どうぞ~(^^♪

最終追切チェック

ダノンプレミアム(◎)

12月13日栗東CW  馬なり
52.7-37.6-11.7 

最終追いはコースの4ハロン追いでしたが、ラストは馬なりで11秒台でしたし、気配絶好ですね。
中間の追切もラスト11秒台連発でしたし、状態は間違いなさそうですね。
陣営もうまくいったと言ってますが、まさにその通りだと思います。

タワーオブロンドン(◎)

12月13日美浦坂路 馬なり併入
53.2-38.5-24.6-12.1

坂路53秒はそこまで…と思いますが、軽めが主体の藤沢厩舎ですから、好調の証でしょう。
実際自己ベストをここにきて更新してますし、コチラも状態面は文句なしです。
ラストもそれなりに迫力ありましたし、好走が期待できる仕上りです。

ステルヴィオ(▲)

12月13日美浦南W 馬なり
53.8-40.0-13.0

こちらは陣営が流してくるように指示してたみたいですし、時計平凡も及第点という所でしょう。
ただ少し気になるのはラスト100あたりで止まったように見えた点。
絶好調とはいえない感じが…

ダノンスマッシュ(◎)

12月13日栗東CW 馬なり併入
83.1-66.4-51.7-38.3-11.6 

これは抜群の動きとみて良いでしょう。
1週前追いも良い動きでしたが、順調に状態を上げて本番を迎えそうです。
前走以上でしょう。

フロンティア(○)

12月13日栗東坂路 馬なり
69.0-51.5-37.4-11.7

こちらも順調のようですね。
1週前はダノンプレミアムに差を広げられた形となりましたが、最終リハを見る限り、馬なりで51.5-11.7なら問題はなさそうです。
順調とみて良いでしょう。

追切まとめ

まぁ2歳戦にしては、どの馬もしっかり順調にきてる印象ですね。

ステルヴィオこそ疑問の残る結果となりましたが、その他の上位人気陣では、特に文句ないデキにあると思います。

それでは、人気を抜きにしても動き抜群の馬を1頭ご紹介しましょう↓
投資競馬ランキング

↑バッチリ仕上ってます。
直前のパドック見るまで、安心はできませんが、今回は逆らい辛いかな。

それじゃ今週も投資競馬の長ちんにご期待あれ!

ばいちゃ(#^^#)

PS:今夜から釣り仲間達とハイエースかっ飛ばして車中泊w
金曜は有給使って早朝から沖磯で釣り三昧じゃ(^^)/

 

※最終予想についてはメルマガ会員限定とさせて頂いております。
詳細は ⇒コチラ をcheck!

※PR※
長ちんの予想じゃなくて、無料で簡単にプロの予想を見たいって…?w
そんな欲張りなアナタにはコチラ↓

>>うまコラボで無料予想をGET!!

※メールアドレス(フリメ可)だけで登録可能です。

 - 展望