ジャパンC2019 攻略データ

   

競馬カレッジ長ちんです。

秋競馬も早いもので、もう今週は
ジャパンカップですねー(^^♪

今年のJCですが、例年に比べると、
ちょっとメンバーレベルが落ちてる感が否めません。

主役の1頭が
ピークを過ぎた感さえある
レイデオロですからね。

波乱含みの一戦になりそう!

恐らくレイデオロを本命にすることはないでしょう。

まずはレース傾向を触れていきます。

レースの傾向

○前年秋以降にG1で連対

→過去10年の連対馬20頭のうち
17頭はこれに該当します。
非該当馬は外国人騎手と3歳牝馬。

 

▲前走5着以内の牝馬

→[6・2・2・9]
該当馬が出走すれば
気にしておきたいデータになります。
日本馬に限れば[6・2・2・3]、斤量差が有利。

 

▲外国人騎手(短期免許)騎乗の関西馬

→[3・3・3・13]
単複回収率127%&185%!乗り替わりOK!
前走が日本人騎手だと[3・1・1・6]で勝率アップ。

 

×外国馬

→[0・0・0・44]、20年遡っても3着以内は5頭だけ。
ほぼ消しでもいいかな?

 

?前走が天皇賞(秋)以外で5着以下

→[0・2・1・45]
6着以下の巻き返しは天皇賞(秋)だけ。
3着以内3頭のうち2頭は凱旋門賞出走の日本馬。

 

 ?6歳以上

→[0・0・2・48]
3着の2頭はジャングルポケット産駒。
高齢馬は原則的に不振だがトニービン系には警戒です。

 

昨年のレースはどうだった?

東京芝2400mで行われた国際GⅠジャパンC。
驚愕のレコード 2:20.6の圧倒的なレース振りで
勝利したのはアーモンドアイ。
3歳牝馬にして頂点に立ち
「女帝アーモンドアイ」の誕生となった。

 

1枠1番が断トツ!

1週前からCコースに替わり枠別成績は
ダービーに似ており、1枠1番のみがダントツ!
勝率26.7%、複勝率53.3%

 

キャリア16戦以上+前走上がり4位以下は割引

15戦以下 [6・3・2・44]
16~25戦 [2・5・6・31]
26戦以上 [0・0・0・34]
キャリア16戦以上で優勝したのは
シュヴァルグランとブエナビスタ!
この2頭は共に1番枠!

またキャリア16戦以上は
前走上がり3位以内で[2・2・3・16]に対して
上がり4位以下だと[0・1・3・37]と低迷。

 

それじゃ最後に、

ジャパンCの特注馬を1頭ご紹介!

 

【ジャパンC 激走注意報】
⇒ブログランキングで公表中

コイツに激走注意報を発令しときます!

かなり面白いと思います!

やはりハンデがね…美味しすぎる。

本命まである1頭です。

 

では、週末の記事をお楽しみに(^^♪

【PR】

【驚異的!月間勝率98.8%】最先端の投資競馬「1点予想システム」のメール講座(無料)

 

※無料メルマガ始めました!
週末平場のAI予想出してます。
詳しくは↓↓

⇒無料メルマガはコチラから

 - データまとめ記事