京阪杯2019 攻略データ

   

競馬カレッジ長ちんです。

今週は時間がとれたので、
もう1本攻略データをだしておきますね(^^♪

波乱傾向の強い京阪杯です。

昨年も1着こそ1人気でしたが、
2・3着は2桁人気の大穴。

今年も混戦必至で、波乱の香りがプンプン(^^♪

まずはレース傾向を触れていきます。

レースの傾向

▲前走が1~2番人気で連対

→[5・2・2・12]
波乱多い短距離路線で
人気に応える実力を評価。
前走が京都なら[4・2・1・6]
で単勝回収率は驚異の264%!

 

▲前走4コーナー2番手以内で今回1~4枠

→[6・1・1・13]
単複回収率472%&229%の単穴パターン。
上記条件かつ今回が5~8枠は
[0・1・1・19]とこちらは低迷⤵️

 

△前走がスワンSで6~9着

→[2・1・1・8]
単複回収率292%・121%で上位着順より注目!
スワンS2着馬[0・0・0・4]は人気を裏切りまくり。

 

×前走から中9週以上

→[0・0・2・26]、複勝回収率も19%止まり。
休み明けは割引ですね。
3着例は前走がセントウルS。これ以前は×?

 

?8枠

→[0・3・0・27]
開催後半でも内回りの大外枠は不利大!
6枠[0・1・1・20]
7枠[1・0・1・27]も不利で内枠重視!

 

?安田隆行厩舎

→[2・1・0・6]
1番人気で1着は
ロードカナロアとダノンスマッシュの2頭。
夏の短距離重賞に強い鮫島一歩厩舎も[0・0・0・6]。

 

昨年のレースはどうだった?

道中は好位のインを追走し、
直線では内ラチ沿いを鋭く抜け出し
1分8秒0の好時計で北村友一騎手鞍上の
1番人気ダノンスマッシュが優勝。

 

内枠が圧倒的有利!

完全に内枠有利で
1~4枠と5~8枠で極端な成績の差があり
人気馬でも5枠以降は割引!
2枠が5勝を上げており、馬番で1~4番が
過去最多の7勝を挙げています。

 

前走1400メートルに注目!

出走馬の多くは前走で
芝1200メートルか芝1400メートルの
レースに出走しており、この2組の中では
好走率で芝1400メートルがリードしています。

中でも2014年以降の過去4年では
前走が芝1400メートルだった馬が4年連続で連対!

 

それじゃ最後に、

京阪杯の特注馬を1頭ご紹介!

 

【京阪杯 激走注意報】
⇒ブログランキングで公表中

コイツに激走注意報を発令しときます!

血統的にもここは注目の1頭。
先週のマイルCSでも
ステゴ産のインディチャンプが勝ったように、
どうやら今の京都は、
ステゴ産にめちゃくちゃ合うらしい。

人気ドコでも信頼度高めだと思います。

 

では、週末の記事をお楽しみに(^^♪

 

※無料メルマガ始めました!
週末平場のAI予想出してます。
詳しくは↓↓

⇒無料メルマガはコチラから

 - データまとめ記事