京都牝馬2017 展望

      2017/02/20

投資競馬の長ちんです。

今週は4重賞という予想家泣かせの週末になりそうですが、なかなかどれも一筋縄にはいかない印象です。

中でも気になっているのは、京都牝馬です。

比較的1番人気が好走しやすいレースですが、年によっては3単280万と大波乱の年もあったり…

今年もメンバー的には一波乱あるかなーという印象です。

なお、今回は京都1400の外回りですので、とにかく上がり重視の予想が必須です。(下級条件の1400は内回り)

ただ時期的にタフな芝であることは間違いないので、
タフな芝で早い上がりを使えるか?

これがキーになりそうですね(^^♪

早速有力各馬を見ていきましょう。

 

有力各馬の短評

アルビアーノ

昨年の高松宮記念の超高速馬場を差して3着拾った後、脚部不安で休養。(超高速馬場のせいだ…)
そして前走スワンSで手応え良さそうに抜け出すかに見えたものの、最後は外から呆気なくボロボロ差されて惨敗。
週中も陣営のコメントが弱気で状態不安あるし、そもそも休み明け走らない馬だし、この人気で軸はない…

アットザシーサイド

昨年の春までは、4歳になった頃はマイル路線を賑わす存在になるんかなーと思ってましたが、その後の成長はイマイチ。
当然距離は1400がベストなはずで、オークスやローズSの敗戦は理由が立つ。
また前走は鞍上の騎乗ミスが原因で度外視できる。
今回は2戦2勝の京都1400となり、舞台は向くはずで、鞍上をMデムに強化。
勝負気配は感じるし、決め手あるし、抜けた存在ではないが軸候補。

レッツゴードンキ

フェブラリーSとのダブル登録でしたが、こちらに回りましたね。
本来の適性からいえば、洋芝の北海道や阪神、中山といったタフな舞台が合うはずですが、今の京都がどうでしょう。
以前は逃げるだけの馬でしたが、前走は後方でしっかり我慢が効いて、鋭い決め手使ってましたしね。
上がり34秒後半~35秒台の決着になるようならここでも期待できる。

ナックビーナス

3走前オーロC(東京1400)で1着がありますが、本質的にはスプリンター。
昨秋からコンスタントに使われているように、そこまで上がり目はないはずだし、前述の馬とは能力差も感じる。
脚質的にも外回りコースは合わないはずだし、人気で買う魅力もない。
当然軸にはしまへん。

スナッチマインド

昨年の同レースで直線鋭い決め手を使い、多くの方が
「これは勝ったな」
と思ったはずですが、直線半ばで突然の失速。
誰もがはっきり分かるソラ使うんですねーw
そのため仕掛け所が非常に大事になるし、抜け出すとダメな馬なので2~3着だとは思うが、鞍上が溜めて乗ってハマれば面白い存在。

 

さて人気予想される5頭を見てきましたが、

今のところ、軸は…

アットザシーサイド
レッツゴードンキ

この2択かな、と考えております。

アットザシーサイドは恐らくベストの舞台で、あまりタフなコンディションにならなければ、ドンピシャハマりそうな印象があります。

またレッツゴードンキに関しても、今の時期の京都がどれだけ合うか、だけが問題で、デキに関しては、フェブラリーSとW登録したくらいなんで、仕上げにぬかりはないはず。

明日枠順確定したら、展開読めると思うので、スンナリ答えは出そうです。

アルビアーノがこければ美味しい馬券も狙えそうなんで、気合を入れて参ります!

それでは明日の最終予想をお楽しみに~(^^)/

 - 展望