マイルCS2018 展望

   

今回はマイルCS2018の有力馬の見解を中心とした記事です。

投資競馬の長ちんです。

いや~今期に入って、本命◎は走るものの、相手がうまく嚙み合わないもどかしい結果が続いております(^^;

エリ女も本命◎モズカッチャン、穴でクロコスミアはリピーターとしてマークしてたんですけどね~( 一一)
リスグラシューは血統的な奥深さは理解しつつも、過去のオークス、エリ女の凡走を見て、距離持たないと判断して軽視しちゃいました。

モレイラ様の腕なのか、普通に距離適性あったのか、定かではないのですが、アッサリ勝ちましたね…w
これまで武豊が何度乗っても2着ばかりだったのに、テン乗りのモレイラがアッサリ勝ち切る…
確かに仕上りは良かったと思いますが、

『日本人騎手は、やっぱ外人に敵わないな』

と改めて感じさせられた1日にもなりました…。

単純にこの娘は、仕上り早なため、叩き3走目が枯れてダメなだけかもですね。
(オークス、エリ女ともに叩き3走目で凡走)
まぁ次走は秋3走目、消しで良いと思います。

それでも本命はしっかり馬券になっているので、ボチボチ歯車が合うはずです。
そろそろ万券でも…(^^♪

それでは、気合いを入れ直して、マイルCSの展望に入ります。

マイルCSの傾向

・ルメール(0.1.1.9)で危険
・新鮮味のあるディープ産◎
・6歳不振、4~5歳が中心
・今年は適度に時計がかかり昨年と似たバイアスに

え~っとまずはこの秋「神ってる」ルメ様から。
実はルメ様ですが、率直にこのマイルCSが苦手です、はい。
これまで数々の人気馬に乗ってきてますが、尽く凡走を続けています。
昨年もイスラボニータで5着と中途半端。
今年もモズアスコットに騎乗予定ですが…
果たして信頼して良いのでしょうか?

続いて、血統的な部分では、やはり京都1600という舞台は、ディープ産のキレが際立つ舞台の1つ。
昨年のサングレーザーのように、新鮮味のあるディープ産がいきなりG1で激走することも多いのは、頭に入れておきましょう。

また、やはり短距離戦といえば、スピード戦。
競争馬というのは、基本的に加齢とともにスピードの絶対値が落ちていきます。
極端に6歳以上になると成績が落ちますので、ご注意を。

あと忘れちゃならないのが、今開催の京都が時計が掛かっていることです。
昨年のマイルCSも時計がかかる条件で、ハービンジャー産のペルシアンナイトが勝ちましたが、
今年もハービンジャー産に向く可能性はあります。
過去の高速京都のイメージよりは、少し時計かかって外差しも決まる馬場だという認識で入るほうが良いと思います。

それでは、いつもの如く有力各馬の短評をどうぞ(^^♪

有力各馬の短評

モズアスコット(3.1)
【ルメール】

人気のルメール…
このレースでは嫌いたい要素であるが、これまで12戦して全て1~4着。
ホント崩れないのよね。
ただこれまでの走りを見る限り、『高速馬場でこそ!』というイメージが強い。
事実マイル戦での時計は、1.31秒台ばかり刻んでいて、やはり高速馬場適性が高い
ただ今年は時計もかかっているので、昨年同様に1.33秒台になると読んでいるだけに…
少しこの馬のストライクゾーンから外れている気がする。

アエロリット(3.6)
【ムーア】

前走はただ、ただ強かった…。
この馬の場合、完全叩き良化型の馬で、過去凡走した3戦は全て休み明けという条件付きのもの。
逆にいえば叩き2走目以降はキッチリ走る馬で、今回も特に不安はないかと。
鞍上のムーア先生ですが、この人もまた神騎乗連発しますからね~。
デムルメは日本に慣れているアドバンテージこそありますが、純粋な騎乗技術では完全にムーアが上でしょう。
ルメール連勝から先週はモレイラ、今週はムーアあたりが勝ちそうな気がするんだが…
ただこのマイルCSって牝馬が尽くダメなんですよね~。
過信禁物。

ペルシアンナイト(4.9)
【デムーロ】

昨年はペルシアンナイトとレッドファルクスを選ぶ立場にありましたが、今年はそうでもなく。
昨年3歳で勝ってますが、ここまでの走りを見ると、この馬はストライクゾーンが小さい。
少しムラっぽいだけかもですが、ハマってやっと勝ち負け、地力で毎回安定的に好走するタイプではないのは確か。
そういう意味ではいつまでも軸にはし辛い馬。
ただトラックバイアス的には、昨年と似ており、この馬に一番向きそうな気はする。

アルアイン(7.2)
【川田】

いや…待ってたよ。
絶対にマイルが合うと思って待ってました。
それなりに人気になってますが、このレベルのメンバーなら当然勝ち負けしておかしくないですよ。
今のJRAは『マイル中距離』という構図なので、明らかにレベルの下がる今回、狙い目でしょう。
勝ち切るかは微妙ですが、馬券圏内なら。
ただサンデーR所有馬の勝負レースなら外人を起用するところではある…。
またマイルCSといえば、差し比べの決着が多いレースであることも確か。

ステルヴィオ(8.5)
【ビュイック】

アルアインと同じサンデーR所有、ノーザンF生産という背景の馬。
今回のノーザンFの布陣を考えると、
◎アエロリット
〇ステルヴィオ
▲アルアイン
この序列で間違いないでしょう。
起用してる騎手からそう読み解けます。
そういう意味では、牧場は底の見えたアルアインより、ロードカナロア産のステルヴィオに期待してるということでしょう。
今回も前走同様に重めの印を回すことになりそう。

エアスピネル(12.2)
【福永】

昨年の2着馬ですが、6人気予想ですか!w
舐められたものですw
高速馬場なら見切りますが、少し時計のかかる今のコンディションは、適性的にドンピシャだと思います。
福永を起用してるあたり、勝つ気はないと思いますが、善戦マンとしてマークは必要。
着狙いの福永はホント3着を良く拾いますからね。

それじゃ展望をまとめます。

展望まとめ

一通り展望してきましたが、今年のマイルCS…

上位が抜けてるような…

そんな予感がしてます。

上位はかなり混戦模様ですが、下位人気の馬とは力の差があるかな~という印象を受けてます。

となると、馬券的には難しくなりますね。

今週は軸馬から数点の馬連勝負なんかが良いかもですね。

それでは現時点で長ちんが高評価している馬を1頭ご紹介しておきましょう。

⇒マイルCSの注目馬はコイツ!


投資競馬ランキング

↑ブログランキングにて馬名を発表してます。

混迷を続けるマイル界なら、アッサリ格の違いを見せる可能性もあると思いますよ。

かねてよりマイルを使ってみて欲しかった馬ですし、馬体構造的にも合うはずです。

それじゃ今週も投資競馬の長ちんにご期待あれ!
ばいちゃ(#^^#)

 - 展望