中山記念2017 展望

      2017/02/27

投資競馬の長ちんです。

先週のフェブラリーSに続き、また一線級が激突するレースが今週もありますね(^^♪

新設G1大阪杯や、ドバイの叩き台となる中山記念です!

12頭立てと頭数こそ少ないものの、なかなかの混戦模様で、本線でビシっと決めるとそれなりに美味しい馬券にありつけそうですね!(^^)!

ちなみに今週は1~2月の勝ち組予想のラストになりますので、個人的にもバシっと決めたいと思ってます!
(2ヵ月ってアッという間ですね(^^;)

それじゃ早速展望に入ります。

中山開幕週はエアレーションに注意!

中山記念のみならず、中山開幕週で注意が必要なのは、エアレーションです!

エアレーションとは、競争馬の脚元の負担軽減や芝の発育促進を狙って、地面に穴を開けて空気を送り込む作業なんですが、簡単にいえばフカフカの芝になるんですよ。

JRAでは数年前から本格的にエアレーションが施されるようになり、最近は開幕週といえど「行った行った」のレースが減りましたよね( 一一)
(結構平場とか美味しかったのにー|д゚))

それが顕著に出てたのが昨年の中山で、開幕週から差しがバンバン決まってました。
フカフカ過ぎて、先行馬はいつも以上に疲れちゃうのでしょう。

さすがに昨年の中山はフカフカ過ぎた印象もありますし、今年はどれほどエアレーションかけてくるか分かりませんが、当日のトラックバイアスに普段以上に注意して下さい!

それじゃ各馬の短評に入ります!
(想定オッズも一緒に載せときます。)

有力各馬の短評

アンビシャス(2.4)

昨年の同レース2着馬。
しかも直線一気でドゥラメンテに首差2着という内容のあるレース。
ただね…今回危険な人気馬の予感!
理由は2つ。
1つは、昨年はエアレーションガンガンのフカフカ差しまくりの特殊馬場だったこと。
中山開幕週の標準はあくまで、内枠先行有利!
直線一気の同じスタイルが今年も通用するとは限らない。
もう1つ。1週前立ち写真で、エクイロックスで装蹄してること。
エクイロックスってのは、蹄に釘で蹄鉄を打てない馬に施される「蹄用のパテ」のようなもので、蹄の状態面が不安。
馬にとって蹄とは「第2の心臓」とも言われるほど重要なもので、休み明け初っ端からエクイロックス接着するようじゃヤバいよ。
当然痛みがなければ普通に好走するかもしれないけど、そんな不安のある馬で1人気…飛んでくれ❤

リアルスティール(3.0)

前走JCは明らかに距離が長すぎた。
この馬にとってベストともいえる1800となれば、今回は好走必至でしょう。
当初ムーアが騎乗予定でしたが、急遽豪州G1に遠征が決まり、戸崎に乗り替わり。
予定外といえばそうだが、行きたがる馬を御すのも戸崎ならOK。
当然メイチではないわけで、取りこぼしもあると思うけど、逆にその取りこぼしを狙って3単いってもいいかな(^^♪
安定の複軸です。

ツクバアズマオー(6.1)

中山専用車といっても過言ではない、タフなコンディションに強い当馬。
格上馬が相手になると根性で走るトコを見ると、さすがステイゴールド産駒だな~と感じるねw
正直前述2頭に比べると格で劣る気がするけど、中山で2連勝してココは警戒が必要か。
冬場は調整の難しさから、連戦でくる上がり馬がそのままオープンで通用することが多く、その点からも要警戒。
はっきり言わせてもらえば、前走中山金杯なんて低レベルで、8分のリアルスティールに勝てるか?と言われれば勝てない!と即答するけど、使ってきた強みはあるね。
でも能力的には、ネオリアリズムよりは下だよ。

ネオリアリズム(6.6)

この馬は折り合い面に課題が…w
ドロドロの札幌記念でモーリス相手に勝ち、その勢いのままマイルCSで3着に。(▲打って、馬券で大変お世話になりましたw)
前走香港こそ大敗したけど、国内ならタフコンOK、マイルCSのようなキレ勝負もどうにかなる、かなり万能タイプのようにも映る。
鞍上がムーアや戸崎あたりなら本命もありかと考えましたが、まさかのデムーロ乗り替わり…。
折合い上手な騎手とはいえず、当たりがガツンとしてるから、道中ハミ取って掛かる不安が…
ただ不安を抱えながらも、ツクバアヅマオーより下の人気なら全然美味しいと思う。

ロゴタイプ(10.6)

元祖中山専用車のお出ましですねw
とにかく早い上がり勝負に滅法弱いタイプで、(父ローエングリンだからしょうがないかw)、基本上がりを問われない中山でしか走らない(^^;
中山は昨年の上がりが求められた中山記念を除いて、全て掲示板を確保する安定っぷりで、今回も当然注意が必要でしょう。
明け7歳ですが、1週前立ち写真では、「何!?この毛ヅヤ、うちの社長の頭より光ってるやんけ!」というピカピカっぷりで、とにかく充実してます。
逆に明け7歳が嫌気されるなら美味しく頂こうと考えてますが…果たして。
今後のプログラムを考えてもメイチで来る可能性も十分ありますね。上位印を予定!

ヴィブロス(11.9)

この馬も不気味なんですよねー。
昨年秋華賞1着時点で414キロだった馬が、身長伸びて、筋肉がついたらしく…430キロ代の予定とのこと。
当然昨秋の非力で軽い芝限定のイメージのままじゃ危険だし、中山で、そして一線級の牡馬相手でもヤレる可能性があります。
そしてもう一つ怖いのが、内田博への乗り替わり。
大魔神と内田博といえば、昨年春に当馬が桜花賞出走権をかけたフラワーCで、大ポカをやらかし、大魔神ブチ切れ→福永乗り替わりという経緯があります。
それ以降、大魔神は内田を一切乗せてなかったんですが、ようやく福永不在のタイミングでチャンスを与えるらしく、内田もかなりイレこんでることでしょう。
まあ残念ながら過去の成績では、内田は中山1800が苦手なのはデータに出てるので、強気にはなれませんが、内田の渾身騎乗+明け4歳の成長となると、ここは警戒が必要です!

 

さて、有力6頭を見てきましたが、この時点で軸は決まってます。

はい、リアルスティールですw

ここは複軸として取り扱って、1人気アンビシャスが飛んでくれれば、美味しい馬券にもなりそうで(^^♪

あと気になるのは、毛艶ビカビカのロゴタイプと鞍上が渾身騎乗間違いなしのヴィブロスあたりでしょうか。

もう少しオッズが下がってくれば美味しいんですけどねー。

当然有力馬はどれも叩き台濃厚なので、追い切りでしっかり判断する必要がありますが、恐らく今週も…当たる気がしますw

なかなか色んなドラマが含まれる中山記念ですが、個人的には内田の渾身騎乗を見たいですね。
そりゃー再び大魔神の馬が回ってくるようになれば、かなりデカイですし、負けは負けでも福永ができないような騎乗を見せてくれることを期待してます。

それじゃ枠順出れば展開読めてスンナリ予想出ると思いますので、週末の予想をお楽しみに~(^^♪

ばいちゃ(^◇^)

 

 

 - 展望