大阪杯 レース回顧

      2016/04/08

1着 ⑨アンビシャス
2着 ⑦キタサンブラック
3着 ⑧ショウナンパンドラ

毎度、長ちんです。
それでは春G1に直結しそうな週末の大阪杯を振り返りましょうか。

【トラックバイアス】
この日の阪神はBコース使用だったけど綺麗な感じじゃなくて、それなりに荒れてきたけどタイムも出る、そんな馬場でしたね。
外回りは外差しが結構決まる感じだけど、内回りはそうでもない、そんな感じでした。

【レース展開】
スタートは長ちん予想通り、本命のキタサンが出たなりでハナ。
ただ番手につけると見ていたラブリーデイはヌーヴォレコルトの好スタートで寄られて主張できず後手に…。
意外だったのは、前につけたアンビシャス横山。
実は横山騎手が午前のレースに乗った感じで、先行策を調教師と馬主に提案したそう。
この人はたまにこんなことやるんだよね。
掛かり気味に見えたけど後からよく見ると、ある程度馬に行かせて前目でギリギリコントロールした形かな。これは好騎乗でした。
1000mは61.1秒。ここも予想通り、豊マジックでまんまとスローに落としたね。
しかも道中は後手を踏んだラブリーデイを包むように、各馬のマークは後ろに集中。
唯一、池添は違和感を感じたのか、外から前を狙いに動いたね。これもアッパレ。
さあ4コーナーへ。余裕たっぷりのキタサンとアンビシャスは脚も溜まってるから、直線は2頭のマッチレース。
逃げ粘るキタサンにジリジリ詰めたアンビシャスが最後交わしてゴール。
最後は2kgの斤量差が響いたかも。3着は早めに動いたショウナンパンドラ。
結局4コーナーの123番手で決着でした。レース上がり33.6秒じゃ差し届くわけなく。
思い切って先行策を打った横山、さりげなくスローに落とした武豊、違和感を感じて早めに動いた池添。
この3騎手の好騎乗が目立ったレースでしたね。

【各馬の短評】
1着 ⑨アンビシャス
状態は前走程度も、やはりドバイの結果でもわかるとおり(ドゥラメンテ、リアルスティールの好走ね)前走中山記念2着は相当レベルが高かったんだと思う。
この馬は後方一気しかないと思ってたけど、横山が上手く引き出しましたね。
折合いに不安ある馬から自在性を引き出した横山にアッパレ!

2着 ⑦キタサンブラック(本命馬)
コイツ強いのに社台系じゃないってだけで地味な印象で毎回人気にならない実力馬。
有馬からの成長は?も十分今年の古馬戦線の主役を張れる力は持ってると思うよ。
逃げ+武豊はかなり相性の良い組合せだし、次走天皇賞も中距離馬ばかりの長距離戦なので、道中脚を溜めてヨ~イドンにして距離ごまかしたい陣営多いし、再び今回のような展開も想定できる。
現時点で天皇賞春の本命候補だね。

3着 ⑧ショウナンパンドラ
予想段階で一番強いと話した当馬。
今回は明らかに条件が合わないにも関わらず、きっちり3着まで持ってきたのは流石かな。
当日は+14キロで余裕残しでも地力でなんとかなった印象。
目標は宝塚記念だからゆっくり上げていくはずだけど、牝馬だけに体を維持できるかがポイント。

4着 ②ラブリーデイ
スタートが全てかな。岩田ヌーヴォがいなければ前で勝ち負けだったと思うけどね。
今後も内枠に入ってすぐ外に先行しそうな馬がいたら要注意。
ただ、予想段階で懸念してた燃え尽きの可能性も十分あり。道中の行き脚のなさは気になる。
6歳の今年は少し疑って入ったほうが良さそう。 

【次走注目馬】
天皇賞春でのキタサンブラック!
ルメール騎乗のアンビシャス
(今回を受けてどんな競馬するのか気になる。)

PS:今の古馬中距離組は厳しいペースで先行して強い競馬する馬が不在なのよね。
だから結果として、重賞では先行して折合いのつくスピード馬に自然と向くのよ。
今年の古馬戦を買うときは常にそれを頭に入れておいたほうがいいと思いますわ。

 

 - レース回顧