大阪杯 展望

      2016/04/08

毎度、長ちんです。週末は日曜に2重賞。
いや~今週はゆっくり予想できますね。

まずはG1級のメンバーが揃った大阪杯の展望です。
人気が予想される各馬を見ていきましょう。

【上位人気想定各馬】

ラブリーデイ

この馬のベストは調教師も公認の2000だと思うし舞台設定は合う。
有馬記念は明らかに距離が影響したものだと考えるし、秋の連戦で多少疲れもあったかと。
当然目標は次走だが、7~8割程度の仕上げでも、適距離に加えて勝負強いデムーロ。好走必至。

アンビシャス

前走は外厩帰りで勝負気配だったか。
阪神内回りの今回、小回りの前走中山での好走は評価できるし、2走ボケなければ。

キタサンブラック

とりあえず現時点での本命候補。
菊花賞3000優勝から有馬の2500で3着と若干ステイヤー気味な印象が一般化しつつあるが、もともとの適距離は中距離だと思う。
武豊も今年の古馬はコイツをお手馬に勝負していくはずだし、阪神未経験+ステイヤー印象で評価を落とすようなら妙味十分かと。

ショウナンパンドラ

正直この馬の適距離は2400くらいかと。
宝塚やオールカマーでの実績あるので心配はいらないと思うが、昨年はこのレースで不良馬場に泣いて着外。
今週末も天気がイマイチの予報だし、積極的には買えない。

ヌーヴォレコルト

ん~調教だけなら抜群の動き。ってかオーバーワークだろ。
岩田が乗って、W良 78.3 62.7 48.7 35.5 11.8
おいおい、メチャクチャな時計だって。
もしかしたら予定より岩田が乗りすぎて調教師が怒ってるとか?

【総評】

枠順発表前なのでなんとも言えないが、現時点で最有力視しているのがキタサンブラック。

あと穴で注目しているのが、タッチングスピーチ。

また枠順発表後に改めて考えますね。

 

 

 

 - 予想