関屋記念2018 展望

   

今回は関屋記念S2018の有力馬の見解を中心とした記事です。

投資競馬の長ちんです。
先週の小倉は本命トリオンフこそ圧勝でしたが、狙ってた穴馬は惜しくも4・5着…w

長距離路線からやってきたサトノクロニクルが、
あの高速馬場を対応してくるとは思いませんでしたね(^^;
池江厩舎とノーザンFの調整力を改めて実感しました。

今週は本業が忙しいので、関屋記念の展望を1本挙げておきます。

面白いデータもありますから、要チェックですよ~。

それじゃ早速展望をどうぞ~(^^♪

関屋記念の傾向

とりあえず過去傾向を列記します。

・内有利で外を回す差し馬は怪しい
・高速馬場で前有利
・スローに落ち着く傾向がある
・2000からの路線変更組に注意

特徴としてはこんなとこですね。
長い直線を意識してか、レースの展開も落ち着きがちで、
それに加えて高速馬場だったりするので、とにかく前有利になる傾向があります。

高速馬場に適応するスピードのある先行馬を中心視したいところですね。

また、昨年「おやっ」と思ったことが1つあって、
2000からの路線変更組に注意が必要です。

仮説ですが、骨っぽい2000のメンツで頭打ちになって、
単純に相手が弱化する1600重賞で、アッサリ地力が通用するというパターンがあるような…(^^♪

2017マルターズアポジーや、2015のマジェスティハーツなんかはこの典型でしょう。
とりあえず今年その条件に該当するロッカフラベイビーは穴で一考。

まぁそんなとこを申し上げたうえで、
凄いデータを見つけちゃいました…(#^.^#)

なんと、そのデータに該当する馬は(0.0.0.40)と全て馬券圏外!

気になるデータですが、これは記事の最後にご紹介します。

それでは、いつもの如く有力各馬の短評をどうぞ(^^♪

有力各馬の短評

プリモシーン(4.6)

ほぉ。古馬初対決で1人気とは…
実力は確かに認めましょう。それで51キロだからな。
ただ出遅れ癖はかなり気になる要素。
出遅れて大外一気なんてのは、難しい馬場になりそうで…。

リライアブルエース(4.7)

コイツは凡走データに当てはまりますね。
軸にすることはないです。

フロンティア(5.4)

前走で高速馬場へ対応した、古馬との対決にも目処がたったという評価は必要でしょう。
好位差しできる馬ですし、内目を引ければ軸まであって良い馬だと思います。
前走から継続の53キロも好材料。
狙っても良いかな~。

エイシンティンクル(6.5)

コチラも面白い馬ですね。
以前からお伝えしてきたように、「牝馬は好調期が長く続く」という傾向があります。
ここにきて、2連勝は好調の証ですし、2走前に勝った阪神1600は、実は新潟1600のリンクコース。
内枠が引けるようなら軸もアリかな。

ワントゥワン(7.8)

コイツも凡走データに該当。
軸にすることはないです。

ウインガニオン(8.3)

あら…お前さんも凡走データ該当w
軸はナシ。

 

それじゃ展望をまとめます。

展望まとめ

一通り展望してきましたが、
まぁ「主役不在」のメンバーですね。

現時点では、フロンティア、エイシンティンクルに食指が向いてます(^^♪

人気薄では、ヤングマンパワーなんかも面白いかと思ってましたが、

冒頭ご紹介した「凡走データに該当」してしまうんですよね~。

さぁそれでは、お待ちかねの…

関屋記念の凡走データをご紹介しますね。

例の如くブログランキングにてご紹介します。

関屋記念の凡走データはコレだ投資競馬ランキング

とりあえずこの凡走データに該当する馬から入るのは、止めたほうが良いでしょう。
何せ複勝率0%のエグイデータなのでね。

ヒモで押さえておきゃ十分じゃないでしょうか。

それじゃ今週も投資競馬の長ちんにご期待あれ!

ばいちゃ(#^^#)

 - 展望