スプリンターズS攻略記事 激アツのミ◯プ◯血統を徹底解説

   

競馬カレッジ長ちんです。

いよいよ週末は、秋G1最初のスプリンターズSですよ!

というわけで今回は、
そのスプリンターズSの攻略記事になります。

 

近年の激アツ血統

 

に注目して、そちらを徹底解説していきましょう。

 

あっそうそう、
LINEで週末は穴馬情報なんかを流そうと思ってるので、
ぜひ友だちになってください😊

LINE友だち追加はコチラ↓

友だち追加

↑クリックしてぜひ友達追加してくださいねー😊

 

※はじめてブログを覗いた方はコチラも。

⇒長ちんの自己紹介

スプリンターズSの
激アツ血統とは!?

まずはスプリンターズSで

近年激走が続く
激アツ血統

を紹介しておきましょう。

それがコチラ。

ミスプロ系がゲロアツい!

に他なりません。

 

スプリンターズ Sにおける
ミスプロ系の大躍進

2019
1着タワーオブロンドン(父ミスプロ系)
2着モズスーパーフレア(父ミスプロ系)
3着ダノンスマッシュ(父ミスプロ系)

2018
1着ファインニードル(父ミスプロ系)
3着ラインスピリット(父ミスプロ系)

2017
1着レッドファルクス(父ミスプロ系)
2着レッツゴードンキ(父ミスプロ系)
3着ワンスインナムーン(父ミスプロ系)

 

これまでに11勝を挙げ、
昨年まで4年連続で勝利

さらに2着が5回、3着も5回と、
明らかに血のチカラと言える圧倒的な成績!

 

これは私の個人的な見解ですが・・

 

ミスプロといえば、ご存知の通り
ミスタープロスペクター。

現役時代は短距離戦で2回レコードを出した生粋のスプリンターですが、
実は重賞は2着2回の二流馬だったことはあまり知られていません。

種牡馬入り後に、
アメリカ競馬で成功した理由は、
ヨーイドンからそのままスピードを維持して
押切るようなダート競馬の適性の高さでしょう。

そうです。

恐らくこの中山1200戦が
一息でそのまま押し切る
アメリカの短距離ダートと適性が被るんじゃないかと。

特にG1のハイラップ激流となれば、まさにそこが試される。

そんな気がします。

今年もモズスーパーフレアが逃げ宣言してますし、
他にもテンに早い馬が色々いますよね。

となれば・・

 

今年も・・

ミスプロ系がゲロアツい

と思いますよ😊

 

となれば

今年のミスプロ系はどの馬なのか、
気になりますよねー😊

 

今年の登録馬のうち
ミスプロ系の馬

  • カイザーメランジェ(父サクラオリオン)
  • ダイアトニック(父ロードカナロア)
  • ダイメイフジ(父アグネスデジタル)
  • ダノンスマッシュ(父ロードカナロア)
  • モズスーパーフレア(父スペイツタウン)
  • ヤマカツマーメイド(父ロードカナロア)

あれっ?

人気が予想される
グランアレグリアはいませんね😊

今回はグランアレグリアの取捨が非常に難しい一戦となりそう。
前走1600戦で、テンは遅れそうですしね。
中山1200を後ろから器用に捌けるか?

 

逆に、

ダノンスマッシュ
モズスーパーフレア

この2頭はもちろんミスプロ系です。

この2頭は軽視しちゃダメな存在になると思います。

 

そして・・

私が注目してる穴馬が1頭
ミスプロ系に紛れてました😊

 

スプリンターズSの★ゲキ推し穴馬

【スプリンターズSの激推し穴馬】
⇒ブログランキングで公表中

前走は、重馬場に加え、1枠1番の58キロで、
馬場の一番悪いところを走らされたのが敗因でしょう。

良馬場で前目につけてキレる小脚を使うのがこの馬の持ち味。

今回は巻き返しあると思います。

本命まである一頭。

特注です😊

 

LINEで週末は穴馬情報なんかを流そうと思ってるので、
ぜひ友だちになってください😊

LINE友だち追加はコチラ↓

友だち追加

↑クリックしてぜひ友達追加してくださいねー😊

 

 - 展望