高松宮記念 レース回顧

      2016/04/08

1着 ④ビッグアーサー
2着 ⑥ミッキーアイル
3着 ⑧アルビアーノ

毎度、長ちんです。
それでは週末のG1高松宮記念を振り返りましょうかね。

【トラックバイアス】
いや~びっくりしました。まさかの超高速馬場!
JRA馬場造園課の皆さんがやってくれました。。
当日7Rの500万クラスにレコードを塗り替えられる異常さ。
当然G1で再び塗り替えられるのはレース前から明白。
ある程度のスピード決着は想定済もまさかここまでとは思わず、時計を持ってない馬には厳しい馬場状況。
今後、出走各馬に故障がないといいが…

【レース展開】
スタートは各馬ボチボチも、ある程度前で張り合うと読んでいたミッキーが出たなりでアッサリ譲る展開。
結局ローレルとハクサンが競り合い、ミッキーは控えて外から被せる形を狙う。
これは松山の好判断でしたね。(ってか松山ムキになって行けよ…)
またその後ろにビッグアーサー福永。これも外へ。やはり若干内が荒れ気味だったのか。
長ちん本命のアルビアーノは少し置かれたダンゴの中に。前半3Fが32.7秒ならさすがについて行けないね。
4コーナーから直線は、逃げ馬2頭が外に進路をとったが(スピードつきすぎて遠心力で?)さすがに脚は残っておらず、直後に控えるビッグアーサーとミッキーアイルの一騎打ちに。
ここは想定通りの展開で「好位からキレる脚」を使った2頭で決着。
本命アルビアーノは位置取り悪く(生粋のスプリンターでないのでしょうがないか…)、地力で3着まで。
まさかの超高速馬場で後ろの馬は用なしでした…

【各馬の短評】
1着 ④ビッグアーサー
素質馬の初重賞制覇がG1か。
内有利の超高速馬場と福永の完璧な騎乗。
ケガ明けから福永って覚醒してない?
昨年までは人気馬の溜め殺しの多い騎手だったけど、今は好位にスッと取り付いて直線でサラッと交わす競馬で結構来てる感があるね。
正直、本命をアルビアーノと悩んだ際に、騎手の腕の差でアルビアーノを本命にしたんだけど、来週から福永様の認識を改めます…(^^;

2着 ⑥ミッキーアイル
今回は調教からもメイチだったね。
展開的にどうかと思って評価を下げたけど、代打松山がファインプレーで勝ちに等しい2着。
ただ、脚質的に目標にされやすいし、アテにし辛いところもあるね。
この内容で2着は勝った馬が一枚上手というか目標にされた分かな~。

3着 ⑧アルビアーノ
1200も2戦目で前回より追走はできていたかと。
ただもう少し前目でレースをしてほしかったけど、さすがにスプリントではこれくらいまでか。
予想段階では今回のビッグアーサーのような競馬を期待してたんだけどなー。
ただ、1、2着馬が直線で外を回ったのに対し、ゴチャつく内を捌いてきたあたりは内容の濃い競馬だったと思う。
今回の厳しい流れを経験してのヴィクトリアマイルなら好位からの競馬でかなり期待できるね。
この馬はホントに競馬センスが高い。

【次走以降注目】

ヴィクトリアマイルでのアルビアーノ。

PS:先週は4重賞で予想疲れたので他の3レース回顧は…気分次第ということでw

 

 - レース回顧