天皇賞秋2018 展望

   

今回は天皇賞2018の有力馬の見解を中心とした記事です。

投資競馬の長ちんです。

先週の菊花賞は無事3複万券を太目にゲッチュして
今ノリに乗ってる長ちんですw

今週は平成最後の天皇賞。
今の古馬一線級が激突する大変見応えあるレースになりそう…
と思ってましたが、直前回避もあって、少頭数の一戦に…

今年のダービー馬、ディアドラあたりも参戦すると、
もっと楽しいレースだっただろうに。

それじゃ早速『天皇賞秋』の展望をどうぞ~(^^♪

天皇賞秋の傾向

とりあえず過去傾向を列記します。

・鉄砲◎
・適性よりもG1で通用する格が重要
・1800>>2000の馬は…危険
・スローからの上がり勝負
・ディープ産◎

今年はフルゲート埋まらず少頭数の一戦になりそう。
上位の力が抜けてるだけに、馬券妙味は薄そうで…

まず、この天皇賞秋といえば最近のトレンドは、鉄砲(休み明け)です。
昨年も1~3着を独占しましたし、2年前も鉄砲がしっかりワンツーです。
先週の菊花賞もそうでしたが、今や前哨戦を一度叩くよりも、
ノーザンFの外厩で仕上げて、本番直行というスタイルが状態面も含めると良い結果に繋がってます。

前哨戦を1度叩くという競馬文化が変わりつつありますね…。

少頭数の東京2000ということで、今年も恐らくスローからの上がり勝負になるとみてます。
なんか先週の菊花賞で全く動きのないつまらないレースを見たばかりで、
再びスロー…となると面白みに欠けますがw
やはり瞬発力に分のある馬には要警戒です。

また前哨戦の毎日王冠を叩いてくる馬もいますが、
傾向的には、1800で良かった馬が、2000でパフォーマンス落ちる馬が多く、結果の鵜呑みは危険。

やはりこの天皇賞は、他のG1と少し違って『格』が何より求められます。
ダービー馬、G1馬、といった格のある馬は、素直に重視すべきです。

それでは、いつもの如く有力各馬の短評をどうぞ(^^♪

有力各馬の短評

スワーヴリチャード(2.2)

左回りの鬼で、前走は右回りの宝塚記念より適性的に距離は短いであろう安田記念を使ってきました。
それで3着と地力を示したように、今の中距離では大将格でしょう。
今回は鉄砲となりますが、安田記念後にこのローテは明言されてましたし、しっかり走れる状態にあると思います。
ただ、恐らくメイチは次のJCでしょう。
そういう意味では取りこぼしあると思います。

レイデオロ(2.9)

今週は何度もこのデータを目にしました。
前走オールカマー組の複勝率0%
これに関しては、全く気にしないで良いと思います。
それよりは、先週の追切中に手前を替える際、歩様が乱れて調教を中止した、というアクシデント。
陣営は影響が無いと言ってますが、こればかりは分かりません。
順調さを欠いたのは事実。
絶好調ルメールには、これくらいの逆風どうってこと無いかもですが。

マカヒキ(6.0)

恐らく今年はココがメイチじゃないでしょうか。
前走で復調気配でしたし、適性的にも東京2000は合うと思います。
ただ3歳時から成長したか?と言われると、微妙だと思います。
狙うのもアリかと思いましたが、予想3人気は見込まれ過ぎでしょう。
6人気くらいなら迷わず狙いましたが…。

サングレーザー(7.1)

マイル以下に拘って使ってきてましたが、前走札幌記念で快勝し、天皇賞に出てきましたね。
競馬場を問わず常に上位上がりを使ってますから、キレ味鋭いのは事実です。
この天皇賞は、キレ者がよく好走しますからね。
ただ、ここは直感的な部分になるのですが、これまでの走りを見てると、案外上がりの脚には限界がありそうな…
スローの高速馬場で、極端に早い上がり(32秒台とか)を求められた時に…どうでしょう。

キセキ(18.2)

お前…前走ハナ差3着やったヤツやな…
ステファノスをギリ交わしやがってw
バカちんがw
前走は川田がインベタを利して上手く乗りましたからね。
ただあれは太目残りでした。
1度叩いた今回、状態は確実に上がってくるでしょう。
また前走1800は適性より短いはずで、2000への距離延長は間違いなくプラス。

アルアイン(18.3)

あれっ?
意外に予想オッズついてますね。
距離適性的に、ここは重視すべきと思いますけどね。
ただ…実はこれまで意図的に東京を嫌ってきたような戦績なんですよね。
唯一東京走ったのは昨年のダービー5着。
あまり気にしないで良いと思います。
マカヒキやキセキより普通に人気すると思ってましたが、これは妙味アリでしょう。
2000G1の大阪杯で結果出してますからね。
リンクコースではありませんがw

それじゃ展望をまとめます。

展望まとめ

一通り展望してきましたが、今年の天皇賞秋…

馬券的に面白くね~な。。

というのが率直な所。
買いたい馬が普通に上位人気なんですよw
これじゃ期待値も低いですしね…

まぁ本命馬の1着に自信アリ!
となると話は別ですが。

堅い馬券をガチっと仕留めるか、
3単を少点数で狙うか、週末まで悩みたいと思います。

それでは、現時点で本命に一番近い馬をご紹介しておきます。

⇒天皇賞秋の注目馬はコイツ!


投資競馬ランキング

↑ブログランキングにて馬名を発表してます。

堅軸だと思いますが、極端なスローの上がり勝負になった時は、少し脆さを見せる可能性はありますね。
ただ馬券を外すことは無いでしょう。

先週の菊花賞とは別の意味での難しさがあるレースですね。
どう買ったら儲かるのか、週末まで良く考えたいと思います。

ちなみに今週は9-10月期勝ち組予想の最終週ですね。
この2ヶ月、皆さんしっかり結果が出てるはずなので、気楽にいかせて頂きますw
堅いレースで無理せんでも、またそのうち万券仕留めますから、ご安心を(^^;

それじゃ今週も投資競馬の長ちんにご期待あれ!
ばいちゃ(#^^#)

 - 展望