天皇賞・春2020 勝ち組予想

   

競馬カレッジ長ちんです。

さぁいよいよ春の6連続G1に突入ですね!

今週からYouTubeも始めたので、
どうぞまだご覧になってない方は、ぜひコチラの穴馬を!

そしてなんとこの穴馬・・

内枠に入りましたね!!

こりゃあるぞ一発!!

 

なお、引き続き
ブログで公開してない役立つ情報や、

「鬼のリンクコース」

をもとにした軸馬・穴馬の推奨は

無料メルマガにてやってますので、
どうぞお気軽にご利用いただけたら^^

⇒無料メルマガはコチラ

※はじめてブログを覗いた方はコチラも。

⇒長ちんの自己紹介

 

それでは、お待ちかね、
予想に入ります。

レースの見解

さぁまずはトラックバイアス。

土曜は1勝クラスのマイル戦で、
1.33.1の好タイムが出てますね。

高速馬場で、今年もやはり
ある程度のスピードは求められるでしょう。

今年の天皇賞のテーマは・・

そう、高速馬場です!

少し気になったので、調べてみました。

高速馬場化が進む、近年の天皇賞・・

やはり!でした。

まずは見てもらいましょう。

2019
1着フィエールマン(ラジオ日経1着)
2着グローリーヴェイズ(きさらぎ賞2着)

2018
1着レインボーライン(NHKマイル3着)
2着シュヴァルグラン(京都2歳3着)
3着クリンチャー(京都記念1着)

2017
1着キタサンブラック(皐月賞3着)
2着シュヴァルグラン(京都2歳3着)
3着サトノダイヤモンド(きさらぎ賞1着)

 

昨年の3着馬をのぞいて、
基本は1800〜2000の重賞実績のある馬の
良績が目立ちます。

高速馬場の関係で、
基礎スピードが問われている証拠でしょう。

ガチンコステイヤーよりは、
中距離路線で結果を残した馬から入るべきと判断します。

 

2000m前後の重賞実績馬

ダンビュライト  (皐月3着)
ミッキースワロー (新潟大賞典1着)
スティッフェリオ (小倉大賞典1着)
ユーキャンスマイル(天皇賞4着
キセキ      (大阪杯2着)
メイショウテンゲン(弥生賞1着)
フィエールマン  (ラジオ日経2着)

基本はこの7頭が中心でしょう。

 

あとは枠順ですね。

週頭はフィエールマンで鉄板と思ってましたが、
まさかの大外・・

折り合いに少し不安のある馬だけに、
一気に難しくなりました。

とはいえ、ユーキャンスマイルは急遽乗り替わり。

キセキは・・それ以前の大きな問題が。

 

というわけで、今回はコチラから。

◎人気ブログランキングにて

 

天皇賞春2020 勝ち組予想

◎人気ブログランキングにて


投資競馬ランキング

↑クリックして、
説明欄の馬名をチェックしてくださいね^^

 

リスクを覚悟のうえで、この馬から。

というのも、最終追いで見た馬体がパンパン。
5歳の今年、もう1段あげてる印象。

1週前追いは、馬がいきっぷり良すぎて
併せ馬が成立せずw

体調もバッチリ整ってます。

あとは内枠がクサイですねー。

 

エタリオウもいつ走ってもおかしくないし、
トーセンカンビーナも、2頭だし角居厩舎の人気のない方で。

ダンビュライトも絶好枠からの逃げで激走注意。

 

最終予想の印と買い目は…

⇒無料メルマガはコチラ

にて後ほど発表します。
お楽しみに^^

 

とりあえず、
明日時間がとれれば
Twitterにて最終見解をお伝えします。

競馬カレッジTwitterはコチラ
↑フォロー後、通知オンにしといて下さい。

 

さぁ今週も
連続的中
といきましょう!!

それじゃ皆さんグッドラック!

 - 予想