東京新聞杯2020 攻略データ

   

競馬カレッジ長ちんです。

続いて東京新聞杯です。

このレースは、大激戦の様相で、
予想しがいのあるレースとなってますね。

単勝オッズ10倍圏内に
5~6頭がひしめく感じに
なるのではないでしょうか。

早速レース傾向を探っていきましょう。

※無料メルマガについて詳しくは↓↓

⇒無料メルマガはコチラから

レースの傾向

▲1~4枠(0.6秒以上の敗戦除く)

→[10・7・3・32]
前走が1着か0.5秒以内の敗戦かつ内枠が中心。
馬番10~16番は[1・3・4・59]で外枠不利の傾向が強い。

 

▲前走が重賞以外で1着

→[4・2・0・13]前走1着からの連勝はこのパターンのみ。
京都金杯からの重賞連勝は期待薄。

 

▲前走がG1

→[4・1・1・19]
前走が0.5秒以内の敗戦なら[4・0・0・6]
前走から500m以上短縮だと[3・1・0・3]距離短縮が◎。

 

?前走が上がり2位以内で3着以内

→人気になりがちだが[1・4・1・20]不安定かつ妙味も薄い。
今回1番人気は[1・1・0・4]で軸にするにはちょっと不安。

 

×前走が芝1800

→前走5着以内が6頭いて[0・0・0・8]上位人気でも消しですかね。
前走が芝1200mも[0・0・0・6]で消せます。

 

?短期免許取得の外国人J騎乗馬

→5番人気以内が5回あるものの[0・1・1・14]
馬券内2頭は角居勝彦厩舎か池江泰寿厩舎のみ。

東京新聞杯の特注馬

【東京新聞杯の特注馬】
⇒ブログランキングで公表中

 

昨秋は調子を落としましたが、
外厩で作り直した今回、買いどきは今でしょう。

思い返せば、一昨年も秋口は調子を落とし、
外厩で作り直した春は一変して、G1好走。

目標は当然Vマイルですが、
ここは相手も弱く、好枠に入りましたので、
いきなりあると思います。

 

※無料メルマガ始めました!
週末平場のAI予想出してます。
詳しくは↓↓

⇒無料メルマガはコチラから

 - データまとめ記事