投資競馬(破産確率編)

      2016/06/22

どうも長ちんです。

今回は破産確率です。「何それ?」って方が多いですか?

長ちんは、競馬やパチスロ等で稼いだお金や急がないお金は全て投資に回してます。
キャッシュは常に50万円上限。残りは全て投資。そのうち改めて理由を説明しますね。

投資競馬においても、投資の世界(主にFXで使われてますね)で学んだバルサラの破産確率が使えるので説明します。(頭がいい人が考えたヤツです)

破産確率の一覧

破産確率

これが、総資金の10%を1回あたりに投資した場合の破産確率です。
(見えにくいですが勘弁を・・)

例えば、オッズ2倍・的中率55%とする場合、前回の期待値計算では
期待値=2倍×55%=110%
となり利益が見込めますが、実際に破産確率に当てはめると13.2%の確率で破産します!

実際には総資金の10%をBETする強者はあまりいないと思われますが、
期待値が100%以上あるにもかかわらず、的中率と資金管理の兼ね合いで破産(資金ショート)する可能性
を孕んでいるのです。

ちなみに…投資の世界(短期トレード)では
1回の取引を総資金の5%を以内
に抑えている投資家が多いようです。長ちんもそうしています。

【結論】
・1レースあたりの投資上限額は総資金の5%までに留めましょう!

次へ進む≪馬券の種類編≫

 

※競馬サイトの比較です。無料情報もあるから↓クリック♪

702330ea-4607-4420-be84-4d66b902e893

 - ブログ, 投資競馬