東京新聞杯2017 展望

      2017/02/07

投資競馬の長ちんです。

今週も日曜に2重賞ですね(^^♪
(日曜重賞はトラックバイアスも見れて助かります。)

まずは最強4歳世代のエアスピネルが出てくる東京新聞杯から参りましょう。

ちょっとこのレースは傾向探り辛くて…

去年のようにドスローの前残りがあったり、
ドスローからの決め手勝負があったり、
普通に決め手勝負になったりと…

なんとも読みにくいレースです(^^;

枠順出てから展開面も含めて読んでいきますが、ある程度読み切って馬券買わないと配当面の妙味も…( 一一)

それじゃいつもの如く、各馬の短評に参りましょう。

有力各馬の短評

エアスピネル

前走京都金杯は道中掛かりながらも押し切る強い内容。
ただ平坦京都ならあれで押し切れるけど、直線勝負の今回はあの掛かり方なら息が持たない見方も。
休み明け初戦でガス抜きできたと見ればよいが、ある程度流れた展開の中で、あの掛かり癖は少しイヤだな…。
取捨の悩ましい人気馬になりそう。

ヤングマンパワー

昨年は関屋記念、富士Sと左回りマイルを2連勝してマイルCSで大凡走。
その休み明けとなる今回、仕上りが気になってたけど、1週前立写真が少しアバラが浮いて若干細く見える。
前走マイルCSも当日-12キロとガレたのも敗因の一つと見るし、今回も細くみえると…
元々叩き良化型ともみれるし、最終追い見てから判断します。
脚質的に今の時期の東京は合いそうなんだけどね。

ブラックスピネル

前走京都金杯ではインベタをじっくり溜めて、直線エアスピネルにハナ差まで迫る好内容。
東京マイルは3走前富士Sで凡走してるけど、スローでイン伸び馬場を大外から差していくバイアスと真逆の内容で度外視OK。
まー前走完璧なレース運びで、掛かったエアスピネルを交わせなかった所を見ると、能力差は明らかだけど、今の充実ぶりなら逆転できても。

プロディガルサン

最強4歳世代からこの馬もいましたね。
昨年のクラシックでは力不足を露呈したけど、菊花賞以来のレースとなる今回密かに期待している。
というのも元々寸の詰まったマッチョな体系で2400とかになると明らかに長かったし、マイルを使って欲しいなーと思いながらのココなので、当然の期待。
2歳時に東スポ2歳で2着してるし、コース適性問題なし。
案外マイラーの素質ありそうで、上位の印を予定してます。

ロイカバード

セレクトセールで2億ちょいの超良血馬もようやくオープンで戦えるようになりましたね。(ホント馬主って博打だな…)
溜めて末脚を使う競馬すればキレるのは間違いないんだけど、3走前東京マイルを重で勝ったように、本来少し時計のかかる馬場が合うのかも。
パンパンの良馬場となると、このメンバーでは分が悪い気が…

 

以上、上位人気5頭を見てきましたが、能力的にはエアスピネル1強だと思います。

ただ問題は予想オッズですよねー。

予想オッズは1倍台にグリグリに被ってくるようですし、そこまでの信頼度があるかと言われると、正直ないです!

前走のかかり方を見ると、「ちょっと掛かり癖ついてないか?」なんて見方もできますし、
一般には東京が合うと思われてますが、「正直平坦な京都向きじゃね?」と思ってます。

そうなるとブラックスピネルやプロディガルサンあたりから狙ってみたい気がしないわけではないんですが…
如何せん能力面ではね…(-_-)

もう少し週末まで悩んで、ベストな結果を導きたいですね(^^♪

それじゃ週末の予想をお楽しみに~(^^♪

 

 - 展望